アンケート 101

専門家のようにアンケートを作成し、回答を収集し、データを分析しましょう。この専門家承認のベストプラクティスとガイドラインを読むことで、より良い意思決定をするために必要なインサイトが手に入ります。あなたが作成したいのが紙のアンケートにせよ、オンラインアンケートにせよ、電話アンケートにせよ、ここですべてに通じる基本事項を学ぶことができるのです。

アンケート実施に関する各ステップのベストプラクティス

ベストプラクティス&ガイドライン

顧客フィードバックを収集するにせよ、従業員評価を行うにせよ、イベントを企画するにせよ、効果的なアンケートを作成するための最初のステップは、アンケートのしくみに関する基本事項を改めて勉強することです。あなたの次のアンケートを成功させるため、SurveyMonkey のオンラインアンケートに関するヒントやベストプラクティスをお読みください!

アンケートの作成方法

すばらしいアンケートを作成することは、すばらしい研究報告書を書くことに似ています。見解をまとめる前に、研究目標や過程に関して質問をし、トピックを管理しやすいよう分解する必要があります。

アンケートの質問を書き始める前に、自分自身に次の質問をしてみましょう。「このアンケートの目的は何か?」「自分は何を知りたいのか?」「収集したデータは、自分の意思決定にどのように影響を与えるのか?」と。

そして1番大切な質問は、「自分がターゲットとする対象層は誰なのか?」ということです。「ターゲットとする対象層」とは、あなたがアンケートに回答してほしい人のことを指します。アンケートの回答者がどのような人々なのかがはっきりしていれば、彼らの知識やニーズに合わせた言語、事例、定義などを使用してアンケートを作成することができるのです。

最高のアンケートは、わかりやすい言葉で書かれ、バイアスのない質問を備えているものです。また、アンケートの形式や質問の流れをしっかり計算しておけば、サティスファイサー(早くアンケートを終わらせるため、回答を慎重に行わなかったり、正確でない回答を行ったりする人のこと)を回避することができます。下記は、信頼性のあるアンケート結果を得るためのヒントやベストプラクティスです。

回答の収集方法

明快でわかりやすいアンケートが出来上がったら、次はそれを回答者に届ける必要があります。どこから始めればよいのでしょうか?アンケートに回答してほしい人々は特定できていますが、どうやってそれを彼らに届けたらよいのでしょうか?

統計的に有効なデータを収集するには、最初にアンケートに回答すべき回答者の数を、次にどのようにその人数のサンプルを確保するかを決定します。また、適切な回答者を確保するためには、その人々にとって回答しやすいアンケートモードを選択する必要があります(電話調査、紙のアンケート、対面インタビュー、オンラインアンケートなど)。

しかし、ちょっと待ってください! アンケートを送信する前に、まずはテストしてみましょう。質問がわかりやすく書かれていること、スキップロジックや質問のランダム化など、全体のデザインがきちんと機能していることを確かめるのです。アンケートを友人に送ってみましょう。もしくは、ターゲットとする対象層に対して練習用アンケートを実施し、データ収集に最適なアプローチを探してみましょう。

必要なデータを集めるために役立つガイドライン:

アンケートの分析方法

おめでとうございます! アンケートの集計結果が導き出されました。では、これからどうしたらよいのでしょうか。正確な評価や予測を行うためには、質の高いデータが必要です。まずは今あるデータが信頼性のあるものであるということを確認し、その後さまざまな角度からデータを分析してインサイトを抽出しましょう。

すべての回答者がアンケートを完了しましたか? それとも、集計結果に影響を及ぼすほど質問をスキップしたでしょうか? 彼らはきちんと質問に答えようとしていましたか? それとも、アンケートを早く終わらせるために適当な回答選択肢を選んでいたでしょうか? 正確な集計結果を導き出すため、異常な回答を見つけ出しましょう。

次に、アンケートを開始した際に抱いていた疑問に対する回答を見つけましょう。テキスト分析を行い、回答者が回答を自由に書き込める自由回答形式の質問から結論を導き出しましょう。アンケート結果をフィルタリング/クロスタブ分析し、異なるセグメント(女性と男性など)の回答がどれほど異なったのかを分析しましょう。

そして、求めていたデータが導き出されたら、それを効果的に提示する方法を見つけましょう。会社のマーケティング戦略についての分厚い報告書を書こうとしているにせよ、面白いアンケート結果を使って Facebook の「いいね!」を獲得しようとしているにせよ、正確で充分な情報量を持ったレポートを作成する必要があるはずです。データを一般化したり歪曲したりするなど、分析の落とし穴にはまらないようにしましょう。そうではなく、なぜ回答者がそのように回答したのか考えるようにしましょう。

最後に、アンケートプロセスの最初から最後までの記録をつけておきます。そうすることにより、他の人が将来的にあなたのアンケートを再実施することができます。長期的な分析(もしくは、ベンチマーキング)を行いたい場合は、そのアンケートを繰り返し実施して、回答者の回答の経時的変化に注目しましょう。

これらを全部行うのは大変そうですよね? まだ疑問がある場合は、下記の記事を参考にしてください。

SurveyMonkey でできること

SurveyMonkey のオンラインアンケートツールがあれば、簡単にアンケートを作成したり、回答を収集したり、データからインサイトを抽出したりできます。今すぐ始めるには、ウェルカムツアーをご覧いただくか、アカウントを登録しましょう